いつでも間に合うあなたの車 仙台でタクシーを呼ぶなら、地元のタクシー、株式会社 泉交通にお任せください。
セキスイハイムスーパーアリーナへはタクシーでの移動が便利です!
運転代行も泉交通にお任せください。低料金でのサービスの他、全車任意保険加入済みですので、安心してお預けいただけます。
  • いつでも間に合うあなたの車 仙台でタクシーを呼ぶなら、地元のタクシー、株式会社 泉交通にお任せください。
  • セキスイハイムスーパーアリーナへはタクシーでの移動が便利です!
  • 運転代行も泉交通にお任せください。低料金でのサービスの他、全車任意保険加入済みですので、安心してお預けいただけます。

タクシーを呼ぶときの疑問解決

>お得な情報

>便利なサービス

>安心の心づかい

お知らせ

>お知らせ一覧はこちら

トピックス

>トピックス詳細はこちら

>今、東日本大震災について考える

仙台でタクシーを使うなら、泉交通へ。

お得な情報

高齢者・妊産婦の方1割引いたします!

便利なサービス

セキスイハイムスーパーアリーナ・ひとめぼれスタジアム宮城へは事前のご予約が便利です!
クレジットカードが使えます
TAPPカードでポイントが貯まります

安心の心づかい

  • ウイルス撃退
  • 全車両禁煙
  • 任意保険

2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました

2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました  さて、平成23年3月11日午後2時46分に発生した、東日本大震災から6年7か月がたちます。
 10月4日、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市と北から仙台まで視察しました。


2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました 陸前高田かさ上げ終了し、道路も整備され、商業施設と幼稚園が出来ていました。
 まったく昔の面影はなく道路も新しく、どの道を通るか、迷いました。


2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました ただ、新築住宅はなく、商業施設のみの新築が有りました。
 陸前高田では、NTTの寮が震災後6年7か月の放置されているのが、目立ちます。


2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました 北地区は、復興商店街の多くが撤去され、新しい家屋に移り、跡地が整備対象になるのが、目立ちました。
 10月17日前回同様に常磐高速道路を通り双葉インターにおりました。


2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました 福島県南相馬市小高区下浦に差し掛かると、住民が一列に並び、畑の細かい不純物を拾っている光景に出くわしました。
 写真を撮る事は許されず、取った写真はその場で削除されました。


2017年(平成29年)10月4日・17日に被災地を訪れました まだまだ、事故の影響が多く見受けられます。人の住まない街は、静かで私達の気持ちを複雑にします。
 復興はまだまだ、道半ばです。
  6年前の震災の記憶を風化させないように、今後の被災地の情報を更に提供していきたいとおもいます。


 被災地の今の姿をぜひ見てください。また、各地の食べ物お土産物もご紹介しております。被災地にお出かけになられた際にはぜひご利用ください。

永楽交通(株)、(株)泉交通合同会社説明会開催

 平成29年11月22日(水)13:00〜16:00まで、せんだいメディアテーク7F会議室Aにて会社説明会を行います。当日は説明会なので履歴書の持参は結構です。服装に関しても平服で結構です。また男女は問いません。お子様づれでも結構です。

2017年(平成29年)4月12日・17日に被災地を訪れました

 平成28年4月14,16日に発生した熊本地震で被害にあわれた方達に、心からお見舞い申し上げます。
 さて、平成23年3月11日午後2時46分に発生した、東日本大震災から6年がたちます。

2017年(平成29年)4月12日・17日に被災地を訪れました  4月12日前回同様に常磐高速道路を通り双葉インターにおりました。 前回の視察から5ヶ月が経過しています。
 インターに降りると、浪江町は、帰還困難地域のはずだが、帰還解除を待ちきれなく、帰還している家も疎らで、まだまだ事故の影響が多く見受けられます。人の住まない街は、静かで私達の気持ちを複雑にします。

2017年(平成29年)4月12日・17日に被災地を訪れました 4月17日は、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市と北から仙台まで視察しました。
 南三陸町さんさん商店街は、本設に移動して営業を開始していました。
 出入口が分からず、前回も昼食を頂いた、店主に聞くと、「毎日のように道路が変わるので出入口看板が掛けてもすぐ移動で、掛けれない」とぼやいていました。北地区は復興が進み気仙沼の復興商店街マルシエが近くの新築の店舗に移転して跡形もない状況です。


2017年(平成29年)4月12日・17日に被災地を訪れました 北地区で感じたことは、前回も記載しましたが、女川の復興です。JR仙石線、JR石巻線の開通により、シーパルピア女川として、オープンし、駅前から女川港が見渡せました。
 ただ商店街が整備されても、そこに帰って来る住人の帰還の難しさを感じました。
 復興はまだまだ、道半ばです。
 6年前の震災の記憶を風化させないように、今後の被災地の情報を更に提供していきたいとおもいます。


 被災地の今の姿をぜひ見てください。また、各地の食べ物お土産物もご紹介しております。被災地にお出かけになられた際にはぜひご利用ください。

2016年(平成28年)10月14日・19日に被災地を訪れました

 平成28年10月21日に発生した鳥取中部地震で被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます。
 さて、平成23年3月11日午後2時46分に発生した、東日本大震災から5年がたちます。
 10月14日に、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市と北から仙台まで視察しました。
 前回の視察から5ヶ月が経過しています。

2016年(平成28年)10月14日・19日に被災地を訪れました  陸前高田地区は、ダンプカーの代わりに巨大なベルトコンベアーで盛り土をしていましたが、そのベルトコンベアーの姿は無く、撤去完了し、根本のコンクリート基礎部分が防空壕の跡の様に見えました。
 北地区は復興が進み気仙沼の復興商店街マルシエが近くの新築の店舗に移転して跡形もない状況です。北地区で感じたことは、前回も記載しましたが、女川の復興です。JR仙石線〜JR石巻線の開通により、駅前商店街が、充実しています。テレビニュースに話題になったダンボルギーニが展示され、今回はジェラートを販売していました。

2016年(平成28年)4月12日・22日に被災地を訪れました 10月19日前回同様に常磐高速道路を通り双葉インターにおりました。
 インターに降りると、除染作業の始まる前で、多くの作業員が朝礼をしていました。
 まだまだ事故の影響が多く見受けられます。人の住まない街は、静かで私達の気持ちを複雑にします。


2016年(平成28年)10月14日・19日に被災地を訪れました ただ亘理町荒浜で被災にあった、旬彩あら浜が新店舗で営業していて、平日なのに沢山の人が訪れていました。
 復興はまだまだ、道半ばです。
 5年前の震災の記憶を風化させないように、今後の被災地の情報を更に提供していきたいとおもいます。


 被災地の今の姿をぜひ見てください。また、各地の食べ物お土産物もご紹介しております。被災地にお出かけになられた際にはぜひご利用ください。

2016年(平成28年)4月12日・22日に被災地を訪れました

2016年(平成28年)4月12日・22日に被災地を訪れました  平成28年4月14日に発生した熊本大地震で被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます。
 さて、平成23年3月11日午後2時46分に発生した、東日本大震災から5年がたちます。政府は「集中復興期」(平成23年〜平成27年)に25兆5000億円の予算を確保しましたが、これからの5年たった「復興・創生期」(平成28年〜平成32年)で予算は1/4の6兆5000億円となっています。道路整備などでは地元自治体に費用の一部負担を求める事とになっています。
 4月12日前回同様に常磐高速道路を通り双葉インターにおりました。
 インターに降りると、在りし日の双葉町の「原子力は明るい未来のエネルギー」の看板が撤去され様子が随分と変っていました。まだまだ事故の影響が多く見受けられます。人の住まない街は、静かで私達の気持ちを複雑にします。
 4月22日は、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市と北から仙台まで視察しました。
 前回の視察から5ヶ月が経過しています。

2016年(平成28年)4月12日・22日に被災地を訪れました 陸前高田地区は、ダンプカーの代わりに巨大なベルトコンベアーで盛り土をしていましたが、そのベルトコンベアーの姿は無く、撤去作業が進んでいました。
 桜の花が満開でした。北地区で感じたことは、女川の復興です。JR仙石線〜JR石巻線の開通により、駅前商店街が、オープンしていました。テレビニュースに話題になったダンボルギーニが展示されていました。これは石巻の梱包会社の作品だそうです。

 南地区は、廃墟の街が崩壊し、線量計が設置され、除染が始まったばかりで汚染土の仮置き場が多くみられます。
 復興はまだまだ、道半ばです。
 5年前の震災の記憶を風化させないように、今後の被災地の情報を更に提供していきたいとおもいます。

 被災地の今の姿をぜひ見てください。また、各地の食べ物お土産物もご紹介しております。被災地にお出かけになられた際にはぜひご利用ください。

永楽交通、泉交通、東北初のUD研修

 永楽交通、泉交通は8月20日、仙台市の本社で、高齢者や障害者などの輸送・接遇を学ぶユニバーサルドライバー(UD)研修を初めて開催しました。UD研修が社内独自に開催されるのは、東北で初のことです。

 第1回はグループから12人が受講しました。講師は全国福祉輸送サービス協会のUD研修講師養成講座で講師資格を取得した同社社員が担当したほか、現職の看護師による実際的な講話も行われました。同社は5月、東京で行われた講師養成講座に社員を派遣して講師資格を取得させました。資格を取得した講師は社内で独自に研修を開くことが可能となり、2013年8月現在では、東北ではこのような社員を擁するのは同グループの1社だけです。

 同社はすでに導入している高齢者・妊産婦を対象とした福祉割引サービスとあわせ、よりきめ細やかなサービスを提供していくために、今後、全乗務員の受講を目標に定期的にUD研修を開催していく予定です。

看護師による講話
▲看護師による講話
グループディスカッション
▲グループディスカッション
車いすによる演習
▲車いすによる演習
研修会の様子
▲研修会の様子

今、東日本大震災について考える

 

タクシーを呼ぶ時の疑問解決
エリア案内
採用情報 乗務員募集中

oshirase RSS

仙台のニュース 仙台経済新聞

仙台のニュース 仙台経済新聞

仙台の観光情報

春の青葉城

仙台観光には小回りのきくタクシーが便利です!

仙台観光も泉交通にお任せ

携帯サイト

携帯サイトで手軽に情報をご覧いただけます。移動手段に困った時など、是非ご利用下さい。
ページの先頭に戻る